教育機関への導入について

太陽電池パネルを設置して、「エコロジー教育」と「省エネ」に大きく貢献

こども達の身近な所に「エコロジー」を表示できます
太陽の光で電気を作る「太陽光発電システム」。
CO2を排出しないクリーンなエネルギーをこども達の身近な場所に設置することで、「屋根に設置されたパネル」を見て、発電状況を表示する「大型ディスプレイ」での分かりやすい表示を見て、自然とエコロジーを目にする機会の創出に繋がります。
また、太陽光発電システムを環境教育の実教材として活用することで、より一層の関心を高めることができます。

環境問題への取り組みを視覚的にPRできます
環境問題に取り組んでいる教育施設でも、その取り組みを表現することは非常に難しいものです。
しかし、屋根の上に設置する「太陽光発電システム」は、建物の外から目で見てわかる設備です。環境的な取り組みとして、「節電」「発電」「CO2の削減」「環境教育に取り組む施設である」という事が一目瞭然になります。
さらに、「屋外用発電量表示装置」等を設置することでより具体的なPRを行う事が可能となります。

職員への節電意識の向上に役立ちます
建物の屋根に適した「太陽光発電システム」を導入することで、発電量を可能な限り最大にしましょう。
現在であれば、売電によって10%~25%の電気代の削減が期待できます。
また、太陽光発電システムの導入をきっかけに、職員自身が「照明」や「空調」の管理に積極的に取り組むようになるといった事も期待できます。
施設全体での、指導する立場の方々の「節電意識」の向上に繋がります。

幼児期、低学年での「エコロジー教育」は重要な教育課題です
昨今の鹿児島県内における教育機関への「太陽光発電システム」導入は、補助金・助成金などを活用して頻繁に行われております。
実質的な経済メリットだけではなく、エコロジー教育という観点から設置を希望される方も非常に多くいらっしゃいます。
幼児期、低学年での環境教育は、将来のこども達自身のおかれる環境状況に、直接、繋がっていきますので、「エコロジー教育」の教育現場での責任はますます大きくなっていくものと思われます。

株式会社ミタデン 太陽光発電部では、発電シミュレーションや設計、補助金・助成金の活用などを中心により多くのメリットを感じていただけるご提案を提出させていただいております。
太陽光発電システムの活用の方法やご不明点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

鹿児島の太陽光発電のことならミタデン太陽光発電部